Jinquan Medical-BLOGS
Guangdong Jinquan Medical Technology Co.,Ltd (hereafter: Jinquan Medical) is a high-tech enterprise combining R&D, manufacture and distribution in histopathology equipment.
By jinquan | 16 June 2022 | 0 コメント

ニーズに最適なレーザープリンターを選択する方法

レーザー プリンターは、ドラムをスキャンし、レーザー ビームを照射して、ドラムに帯電ドットを刻み込むことで機能します。さまざまな種類の印刷が可能です。レーザー プリンターは、使いやすさとコスト効率に優れているため、中小企業の経営者にとって非常に便利です。ニーズに最適なレーザー プリンターを選択するためのヒントをいくつか紹介します。また、各タイプのレーザー プリンターの長所と短所についてもお読みください。レーザー プリンターは従来のインクジェット プリンターよりも高価ですが、その価値は十分にあります。

レーザープリンター

レーザー プリンターは、デジタル ドキュメントをキャプチャし、それを印刷画像に再構成することで機能します。これを行うには、レーザーが光線を使用してドラムの正電荷を負電荷に変換します。次に、光線がこの表面電荷を遮断し、感光ドラムをレーザー ビームにさらします。レーザーの照射により、ドラムは 100 ボルトの直流電荷にさらされます。これにより、目に見えない潜像が作成されます。このプリントは、ドラム上の薄い電子層として存在します。

印刷中、レーザー光線は感光体と呼ばれる円筒形のドラムに焦点を合わせます。このドラムはレーザー光線が当たった部分で電荷が反転します。この効果により、トナーがドラムに付着して画像が作成されます。レーザー プリンターでは、トナー粒子がドラムの帯電部分に付着し、画像が印刷されます。レーザー プリンターは通常、モノクロで印刷します。

ワイヤレスレーザープリンター

ワイヤレス レーザー プリンターを購入する際は、いくつかの要素を考慮する必要があります。カラー解像度、速度、容量を考慮する必要があります。これらの要素によって、ドキュメントや画像を印刷できる速度が決まります。プリンターを主にドキュメント用に使用する場合は、モノクロ モデルを選択するのが最適です。それ以外の場合は、カラー画像は不要です。また、定期的に画像を印刷する予定の場合は、印刷速度も重要です。ほとんどのモデルは、少なくとも 1 分あたり 20 ページ (ppm) の印刷が可能ですが、さらに高速なモデルもあります。印刷解像度も確認する必要があります。印刷解像度によって、印刷される画像の高さが決まります。

コンパクトなレーザー プリンターは、高品質の文書を簡単に印刷できるため、中小企業や家庭に適しています。一方、多機能マシンは、さまざまな機能を 1 台のマシンに統合することで、ワークフローを改善し、コストを節約するのに役立ちます。WiFi(r) レーザー プリンターは、印刷、スキャン、ファックス、クラウド印刷を含む多機能デバイスです。明るくカラフルなプレゼンテーションを印刷したい場合は、カラー プリンターが最適です。

オールインワンレーザープリンター

オールインワン レーザー プリンターを購入する場合、いくつかの点に留意することが重要です。プリンターには、ドキュメントを印刷するために必要な機能が必要です。多くのモデルにはプリンター ソフトウェア CD が付属していないため、プリンターを使用するには追加のソフトウェア パッケージを購入する必要があります。価格も重要な要素であるため、デバイスを購入できるかどうかを確認してください。プリンターの価格は最も重要な考慮事項であり、ブランド名も決定の要素になります。

オールインワン レーザー プリンターは、さまざまな価格帯から選ぶことができます。印刷、スキャン、コピーの機能を備えたプリンターを選ぶことも、ファックス機能を備えたモデルを選ぶこともできます。オールインワン レーザー プリンターは価格が安いため、コストを節約できます。また、これらのプリンターは頑丈で、大量の印刷が必要な環境に適しています。そのため、紙切れになることは決してありません。

レーザー彫刻機

レーザー彫刻機は、さまざまな表面にユニークな画像を作成するために使用されます。彫刻を作成するために使用されるビームは、焦点が絞られ、平行化されており、最大 x% の光エネルギーを熱に変換できます。また、レーザーは非常に急速に熱くなるため、高度な冷却システムが必要です。ビームをパルス化して最大限の効率を実現し、過度の加熱を防ぐことができます。レーザー彫刻機は、さまざまな種類の針葉樹にユニークな形状やデザインを作成するためにも使用できます。

さまざまなタイプのレーザー彫刻機は、さまざまな強度を使用して複雑なデザインを作成します。このタイプの技術は、ラスター モードとベクター モードの両方で機能するように進化しました。その汎用性により、レーザーはさまざまな高さと深さの表面で作業できます。また、ビームの強度と広がりを変更することもできます。このため、さまざまなレーザーを使用してデューティ サイクルを変更することで、さまざまなタイプのデザインを作成できます。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須フィールドがマークされています。 *
名前
Eメール
コンテンツ
検証コード
ver_code